京都、大阪、名古屋、東京など全国から廃油回収 バイオディーゼル燃料にリサイクル レボインターナショナル

株式会社レボインターナショナル

トピックス 一覧

C-FUEL海外輸出量のご報告

当社は創設以来、資源が限られている日本での“地産地消型”のエネルギー資源循環を目指し活動しておりますが、誠に残念ながら国内での流通にはまだ大きな壁が立ちはだかっております。

そんな中、2011年4月よりヨーロッパへの輸出を開始し、輸出数量は2019年2月現在、約32,900KLに上り約84,882tのCO2削減(軽油を30,315ℓ燃焼時のCO2排出量に相当)に貢献しており、2018年の輸出量は2017年に比べ約8%増量し、約6,311KL/年になりました。

これからも、設立当初からの目標である日本国内での流通を目指し、バイオディーゼル燃料のパイオニアとして努力を続けて参ります。

※参考
EUではISCC(バイオディーゼル燃料が持続可能な製品であるという認証)やDDC(廃棄油から製造されたバイオ燃料はバージン油から製造した場合に比べてCO2排出削減の効果が一段と高い 二重に優れた(ダブルカウント)製品であるという認証)という2つ制度があり、当社はその両方の認証を取得しております。

速報!! バイオマス由来 次世代燃料の独自製造技術の開発に成功

『速報』 バイオマス由来 次世代燃料の独自製造技術の開発に成功

-新たな バイオ軽油・ジェット燃料の普及を目指して-

 

〈小型製造装置の運転実績〉

ナフサ及びジェット比率を上げる反応プロセスにて運転を行いました。

生産量 [実績] 原料油 (廃食用油) 処理量 :10 ℓ /日

バイオ原油収率 :70%(バイオナフサ・バイオジェット・バイオ軽油等)

ナフサ:ジェット:軽油比 = 3:4:3

図4図) 実際に製造した燃料サンプル
(左より)バイオナフサ・バイオジェット燃料・バイオ軽油・重質分


本件への問い合わせ先

(株)レボインターナショナル 業務部 営業課  森本

TEL:075-604-0518

バイオマス由来 次世代燃料の独自製造技術の開発に成功

バイオマス由来 次世代燃料の独自製造技術の開発に成功

-新たな バイオ軽油・バイオジェット燃料の普及を目指して-

 

株式会社レボインターナショナルは、供給量の増大に向け原料油を廃食用油から非食用であるジャトロファ油、更には木質乾留油への展開や利用分野の拡大を視野に入れ、バイオマス由来の軽油・ジェット・ナフサへの変換を可能とした、独自の製造技術開発に成功しました。

現在、当社では使用済みてんぷら油等を原料とした第一世代バイオディーゼル燃料(商品名:C-FUEL)を年間6,500kL以上、国内外の多くの企業に販売しご使用いただき、CO2排出削減など地球温暖化防止に貢献しています。

今後はこの開発技術にて、更に次世代のバイオ軽油・バイオジェット燃料の普及拡大を図り、バイオディーゼル燃料のパイオニア企業として脱化石エネルギー、地球温暖化防止への貢献を目指します。

 

<本技術の特徴>

これまでの関連技術は、いずれも高温・高圧下で水素と触媒を利用し、分解・改質が行われていますが、当社では独自触媒(固体酸系触媒)の開発に成功し、バイオマス由来の各種原料油を1MPa以下の低圧水素を用いた水素化接触分解を行い、地産地消型で安価なバイオ軽油、バイオジェット燃料など、液体燃料の製造を可能にする技術を開発しました。

独自技術開発により製造した燃料サンプル(写真)独自技術開発により製造した燃料サンプル

石油精製工場と同様の大型設備であれば、これまでの当該分野の技術にてバイオ軽油、バイオジェット燃料は製造可能と考えられますが、高圧水素でなければ炭素生成による触媒の劣化を抑制出来ず、石油(化石資源)と比較し原料集積が分散しているバイオマス原料では、石油精製工場のような大規模設備ではコスト高になると考え、本触媒は触媒表面での炭素生成を、低圧水素であっても抑制を可能にし、触媒の活性・寿命を工業的に維持する技術を有しており、地産地消型設備(小・中規模)の設計運用を可能にしました。

 

<本技術開発の成果>

1. 触媒開発

耐久時間1200時間以上の実績を得ています。(特許文献:WO2017/208497)

図1管型反応器で図1)管型反応器で使用した独自開発工業用触媒

 

2. 小型製造装置の運転実績

反応プロセスと蒸留プロセスでの生産プロセスの開発を行いました。(特許出願済)

生産量 [実績] 原料油(廃食用油)処理量 :10ℓ/日
バイオ原油収率 :70%(バイオ軽油・ジェット・ナフサ等)
ジェット:軽油比 = 3:7

ジェット/軽油比の制御は反応条件により調整可能です。

図2実際に製造した燃料サンプル図2)実際に製造した燃料サンプル (左)バイオジェット燃料  (右)バイオ軽油

図3小型製造装置での運転実績図3)小型製造装置での運転実績 (左)バイオジェット燃料  (右)バイオ軽油

 

<今後の展開>

当社では、長年に亘る唯一実績を糧に京都府下の市・町、大学、企業等との地域関連にも取組み、更に生ごみなどの廃棄物も利用する「地域循環共生圏(日本発の脱炭素化・SDGs構想)」の実施に向けた「京都モデル」の構築を目指し、その一助となれるよう活動を続けていきます。

  1. 他社向けテスト用ジェット燃料など、サンプル製造を推進中です。
  2. 2021年の実用化設備建設(日産:10,000ℓ)に向け、詳細設計を行っています。
  3. 更なる操作条件の最適化、且つ触媒の改良も視野に入れています。

 

当社では、独自技術による商業化に向けたジャトロファの栽培にも12年に亘り取り組んでいます。詳細はこちらをご覧下さい。


本件への問い合わせ先

(株)レボインターナショナル 業務部 営業課  森本

TEL: 075-604-0518

第二世代バイオ(ジェット・ディーゼル・ガソリン)燃料製造ベンチ設備完成!!

純国産第二世代バイオ(ジェットディーゼルガソリン)燃料製造ベンチ設備が完成し、大きな期待をいただいておりますバイオジェット燃料〔Bio-SPK(HEFA)〕を、より多く得られますよう開発を進めております。

ベンチプラント1-3研究棟2階~3階の床を改装し設置

「C-FUEL(第一世代BDF)」同様、安定供給(量の確保・コスト削減)に向け、早期の大型設備建設を目指し、更なる開発を進めてまいります。

平成28年2月25日(木)京都府内市町村バイオディーゼル燃料等普及促進広域連携協議会設立総会が開催されました

平成28年2月25日(木)南丹市の佐々木市長を発起人に京都府内の市町村の広域連携によるバイオディーゼル燃料の普及促進を目的に協議会が設立されました。弊社とNPO法人丹後の自然を守る会が民間として参加しています。

20160229191400853_0001 - コピー発起人として挨拶をされている南丹市佐々木市長

20160229191400853_0001協議会関係者の皆様

新しく給油所を開設いたしました

京都本社に高品質なバイオディーゼル燃料「CF-5(B5)※」の給油所を新たに設置し、供給を開始いたします。
従来通り「C-FUEL(B100)」の給油もご利用いただけます。

給油開始日:2016年2月1日(月)

お問い合わせは、下記までお気軽にご連絡くださいませ。

【問合せ先】
Eメール:こちら
TEL   :075-604-0518
担当   :営業課

CF-5

 

 

 

※「CF-5」とは、C-FUELを軽油に5%混合したプレミアム軽油です。
・従来の軽油に比べC02排出量を5%削減できます
・軽油の強制規格をクリアしています(経済産業省・揮発性油等品質確保法2009年2月25日改正)
・最新の排ガス規制“ポスト新長期規制対応車輛にも対応しています(メーカーの性能保証対応)

?

10月6日 「RAREVO社」設立に関する定款を締結いたしました。

10月6日 ベトナム ハノイにある「RATRACO社」本社にて、合弁会社「RAREVO社」設立に関する定款を締結いたしました。
この「RAREVO社」は、ベトナム国内で「CF-5(B5)」を流通させることを目的としております。

151006-1

151006-2

151006-3 左:RATRACO社 グエン トゥアン ヴィン会長  /  右:越川社長

京都工場に「新規施設」が完成いたしました。

京都工場に「新規施設」が完成いたしました。

「プレミアム軽油(C-FUEL混合軽油)」を製造する為の施設です。
2015年8月に近畿経済産業局の軽油特定加工業者の業者登録を取得し、
2015年8月31日より「プレミアム軽油(C-FUEL混合燃料)」の製造販売を開始します。

・軽油の強制規格をクリアしております
・最新の排ガス規制、ポスト新長期規制対応車輌に対応しております

「プレミアム軽油」の受注をお待ちしております。

[ ”プレミアム軽油” に関するお問い合わせ先 ]
問い合せフォーム または TEL075-604-0518
(担当:業務課 東(アズマ))

IMG_032620150827182313512_0001

 

4月20日 「RATRACO社」と合弁契約書を締結いたしました。

4月20日、ベトナム ハノイにある「RATRACO社」本社にて、合弁会社「RAREVO社」設立に関する合弁契約書を締結いたしました。
この「RAREVO社」は、ベトナム国内で「CF-5(B5)」を流通させることを目的としております。

 

右側:RATRACO社 CEO Mr.TRAN THE HUNG  左側:当社代表 越川社長

右側:RATRACO社 CEO Mr.TRAN THE HUNG 
左側:当社代表 越川社長

 

20150420-120150420-2

ホームページをリニューアルいたしました。

2015年4月1日
いつも株式会社レボインターナショナルのホームページをご覧いただき、 誠にありがとうございます。

この度、当社ホームページをリニューアルいたしました。

今回のリニューアルでは、お客様が必要とする情報をより見やすく、
より快適にご利用いただけるホームページを目指しました。

これからも当社では、タイムリーな情報発信を行い、
よりわかりやすい、利用しやすいホームページを目指してまいります。

新しいホームページは、スマートフォンにも対応しています。
スマートフォンをお使いのかたは、ぜひ、ご利用ください。

今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い致します。