京都、大阪、名古屋、東京など全国から廃油回収 バイオディーゼル燃料にリサイクル レボインターナショナル

株式会社レボインターナショナル

製品供給 一覧

同志社大学へバイオ軽油を納品いたしました。

2019年5月10日、同志社大学 噴霧・燃焼工学研究室に、廃食用油を原料として弊社ベンチ設備にて製造したバイオ軽油を自動車エンジンの噴霧燃焼特性等の試験用として提供いたしました。
このバイオ軽油はバイオマス由来の次世代燃料であり、弊社独自の技術により、製造しました。
同研究室では以前より第一世代BDFである『C-FUEL』も同様の試験を実施いただいてまいりましたが、この度次世代のバイオ軽油も試験実施いただけることになりました。

DSC_0688

図1

C-FUEL海外輸出量のご報告

当社は創設以来、資源が限られている日本での“地産地消型”のエネルギー資源循環を目指し活動しておりますが、誠に残念ながら国内での流通にはまだ大きな壁が立ちはだかっております。

そんな中、2011年4月よりヨーロッパへの輸出を開始し、輸出数量は2019年2月現在、約32,900KLに上り約84,882tのCO2削減(軽油を30,315ℓ燃焼時のCO2排出量に相当)に貢献しており、2018年の輸出量は2017年に比べ約8%増量し、約6,311KL/年になりました。

これからも、設立当初からの目標である日本国内での流通を目指し、バイオディーゼル燃料のパイオニアとして努力を続けて参ります。

※参考
EUではISCC(バイオディーゼル燃料が持続可能な製品であるという認証)やDDC(廃棄油から製造されたバイオ燃料はバージン油から製造した場合に比べてCO2排出削減の効果が一段と高い 二重に優れた(ダブルカウント)製品であるという認証)という2つ制度があり、当社はその両方の認証を取得しております。

11月24日 武庫川女子大学「2018 甲子園会館ライトアップ」に参加いたしました。

11月24日(土)、兵庫県西宮市 武庫川女子大学にて開催された「2018 甲子園会館ライトアップ」に参加いたしました。

弊社は毎年、大学内の学生食堂から出た廃食油をお引取りし、本イベントのライトアップの発電用燃料として、C-FUEL(バイオディーゼル燃料)を供給させて頂いております。

甲子園会館は、国の近代化産業遺産や登録有形文化財、兵庫県景観形成重要建造物等に指定されているとても魅力的な由緒ある建築物です。
その建物や竹林、紅葉が見事にライトアップされ、とても美しかったです。

本イベント中はキャンパス内が無料公開されており、幻想的な空間を見に訪れた方々で、とても賑わっていました。

IMGP0821-2

IMGP0888

IMGP0843

IMGP0851

IMGP0856

 

大谷大学様へC-FUELの供給がスタートいたしました。

2018年6月21日(木)より大谷大学様(所在:京都市北区小山上総町)へC-FUEL(バイオディーゼル燃料)の供給を開始いたしました。

大谷本学様の学食から排出された使用済み食用油を環境にやさしいC-FUEL(バイオディーゼル燃料)にリサイクルすることで、約1,030.4㎏の廃棄物を削減し、年間約44トンの二酸化炭素の削減効果がございます。

180809

図

大谷大

西松建設様の工事現場へC-FUELの供給がスタートいたしました。

5月22日(火)から、大阪市北区扇町の西松建設㈱様の建築工事現場にて、C-FUELの供給を開始いたしました。
病院建設工事中であるこちらの現場では、杭打ち機やクローラークレーンの燃料としてC-FUELをご使用いただいてます。

弊社のC-FUEL(バイオディーゼル燃料)や販売等、詳しくはこちらをご覧ください。

eco現場宣言

IMG_4022  IMG_4017

西松建設様へC-FUELを供給いたしております。

西松建設様では、環境への取組みの一環として建設現場での重機や発電機、ダンプ車等の燃料にバイオディーゼル燃料を使用されています。

当社は平成28年11月より、西松建設様の近畿や東海の様々な現場へ「C-FUEL(バイオディーゼル燃料)」を供給させていただいており、これまで約279,000kg(一般家庭の1年間のCO₂排出量×52世帯分)のCO₂削減効果に貢献いたしました。

現在では、平成29年5月より阪和いずみ病院内工事現場、平成30年1月より堺平成病院の新築工事にて発電機の軽油代替燃料として、「C-FUEL」を供給いたしております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C-FUEL海外輸出量のご報告

日本の大切なエネルギー資源ですが、2011年5月以降ヨーロッパへ輸出しております。
その総量は2017年12月現在  25,700KL  に上り 約  66,130tのCO2削減 に貢献しており、昨年は 毎月平均515KL を輸出しました。
EUではISCCやDDC認証制度があり、廃棄物由来はダブルのCO2排出削減効果が認められております。

国内での普及には大きな壁が立ちはだかっておりますが、当社はこれからも日本の大切な再生可能エネルギーとして国内での普及を目指し努力を続けてまいります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

5月26日 「カラムーチョ」の株式会社湖池屋様へ訪問いたしました

南丹市さんとのバイオディーゼル燃料普及の 取組みの一環で、このたび株式会社湖池屋様にCF-5B5軽油)をご利用いただくこととなりました。本日は、商品説明かたがた京都工場におじゃまいたしました。http://koikeya.co.jp/commodity/玄関 - コピー南丹市にある京都工場。一日最大60万袋製造可能だそうです!!

ばあちゃん - コピー

ヒーおばあちゃんとヒーヒーおばあちゃんがお出迎え!!

ヒーおばあちゃんの名前は森田トミ。生年月日は西南戦争の年にあたる1877年3月3日生まれ。特徴は「ヒー」を1回言うこと。

ヒーヒーおばあちゃんの名前は森田フミ。生年月日はペリー来航の年にあたる1853年6月3日生まれ。特徴は「ヒー」を2回言うこと。

こー商品 - コピー

京都工場は名古屋以西への出荷分を製造されていますが、「ドンタコス」と「~ヒミツの三角▲~ポリンキー」は京都工場でしか作っていないとのコトです。三角形のヒミツは京都にありました!!

トラック - コピー

CF-5(B5軽油)はコチラのトラックでご利用いただきます。このトラックはジャガイモについていた「土」を地元の農家さんへお届けするのが役目。「土」といっても北海道の肥沃な大地の土!

ちなみに、捨てる油がたくさんあるのかと思っていましたが「そんなもったいない事しません」とのことでした。

とっても親切にご対応いただきました井上さん。本当にありがとうございました。

新しく給油所を開設いたしました

京都本社に高品質なバイオディーゼル燃料「CF-5(B5)※」の給油所を新たに設置し、供給を開始いたします。
従来通り「C-FUEL(B100)」の給油もご利用いただけます。

給油開始日:2016年2月1日(月)

お問い合わせは、下記までお気軽にご連絡くださいませ。

【問合せ先】
Eメール:こちら
TEL   :075-604-0518
担当   :営業課

CF-5

 

 

 

※「CF-5」とは、C-FUELを軽油に5%混合したプレミアム軽油です。
・従来の軽油に比べC02排出量を5%削減できます
・軽油の強制規格をクリアしています(経済産業省・揮発性油等品質確保法2009年2月25日改正)
・最新の排ガス規制“ポスト新長期規制対応車輛にも対応しています(メーカーの性能保証対応)

?

KOBE COLLECTION 2015 SPRING/SUMMERにC-FUELを供給しました

2015年3月7日(土) 神戸コレクション2015 SPRING/SUMMER (会場:@ワールド記念ホール)
にステージ照明・音響の発電用燃料として、バイオディーゼル燃料C-FUELを500リットル供給しました。

今回は、初公演(2002年8月31日)以来、最多となる約1万3千人が来場されました。
当社は2010年からC-FUELを供給しています。

20150312_01
20150312_02