京都、大阪、名古屋、東京など全国から廃油回収 バイオディーゼル燃料にリサイクル レボインターナショナル

株式会社レボインターナショナル

海外事業 一覧

2017年4月25日、ベトナム・カントー高等専門学校とジャトロファ栽培・試験を開始する契約を締結いたしました。

2017年4月25日、ベトナム・カントー高等専門学校と合弁組織を設立し、
メコンデルタ地域でのジャトロファ栽培・試験を開始する契約を締結いたしました。

DSC_0033

DSC_0033

2月14日 ニントン省の現地パートナーと契約調印しました。

2017年2月14日
ベトナム ニントン省でのジャトロファ本格栽培に向け、現地パートナーと契約調印しました。

1487653401275

7月13日 ベトナム・カントー高等専門学校よりご招待を受け、訪問いたしました。

2016年7月13日、ベトナム・カントー高等専門学校よりご招待をいただき
ベトナムでのジャトロファ栽培研究事業協力について面談を行いました。

カントー高等専門学校のホームページでもご紹介いただいてます。

ホームページ記載内容の和訳↓
「カントー高等専門学校と株式会社レボインターナショナルによるバイオディーゼル燃料製造用ジャトロファ栽培事業協力会議
2016年7月13日の朝にカントー高等専門学校第一会議室に於いて、カントー高等専門学校の国際協力と科学研究を担当している副学長ホー・タィン・タム博士は日本の株式会社レボインターナショナルの代表取締役である越川哲也殿を迎えて面談しました。
学校直轄の関係各局である管理行政局、計画・財務局、教務管理局、国際協力・科学研究管理局、法制査察局、環境・技術学部、外国語学部、師範学部や人文社会科学学部・環境学部等が同席しました。
当校が、日本から持ち込まれた国際的な事業に臨むのは今回が初めてです。学校の代表者が事業主を迎えて正式に面談する時間を設けました。面談内容は、メコンデルタ地域でバイオディーゼル燃料を製造するためのジャトロファ栽培研究事業について、今後は相互協力していくことになりました。
面談は順調に終わりましたが、双方に多くの利益をもたらす為に、覚書で以って詳細内容の擦り合わせを行った後、メコンデルタ地域でバイオディーゼル燃料を生産する為のジャトロファ栽培研究事業協力について国際協力規定を遵守した契約の締結を行うことになります。学校代表である副学長ホー・タィン・タム博士は当校がこのような有意義な協力事業に臨めることになり株式会社レボインターナショナル代表取締役越川氏には感謝しております。
今後はこの事業において双方協力し多くの利益を生み出すことによって、株式会社レボインターナショナルとカントー高等専門学校の協力友好関係はより一層に密になってゆくことを期待します。越川氏も当校に感謝の言葉を述べ、当校が株式会社レボインターナショナルに心を込めてお贈りした記念品を喜んで受け取られました。」

会議の様子会議の様子、教頭ホタンタム博士はカントー高等専門学校の概要を紹介

相談風景バイオディーゼル燃料を生産する為にジャトロファの栽培研究事業についての面談風景

記念品

記念品2学校代表の副学長ホー・タィン・タム博士による弊社代表 越川への記念品贈答
(カントー・カイランの水上マーケット-国家無形文化遺産の絵)

1月22日ベトナム ニントゥアン省人民委員会のオンラインニュースに当社との会談の様子が掲載されました

2016年1月20日、ベトナム ニントゥアン省人民委員会と「C-FUEL(バイオディーゼル燃料)」の原材料となるジャトロファ栽培事業に関する会談を行いました。
会談の様子が2016年1月22日ベトナム ニントゥアン省人民委員会の公式ホームページ及びオンラインニュースのサイトに掲載されました。

ニントゥアン省人民委員会公式HP

ニントゥアン省人民委員会オンラインニュース(ビデオ版)

ニントゥアン省人民委員会オンラインニュース(記事)
「新聞の内容:1/20ニントゥアン省人民委員会副委員長チャン・クォック・ナム氏がバイオディーゼル燃料製造用ジャトロファ栽培に投資協力のため株式会社レボインターナショナルと会談を行った。
報告によると、林業バイオテクノロジーセンターのフォック・ジン(トゥアン・ナム)郡にて8haの試験栽培を展開して3年以上が経ち、ニンフォック沿岸部森林管理委員会でモデルケースが実現した。最初の段階での結果は生き残った木は97%に達し、木は相対的によく成長し、品種ごとに1ha当たり500~8,000kg収穫に至った。ジャトロファは荒廃した土地での栽培が可能である。会議では、レボインターナショナル代表が、ニントゥアン省でバイオディーゼル燃料の原料製造や搾油工場投資のために、ジャトロファを先ず4,000~5,000haに耕作面積を拡げたいという意見要望を出した。
会議で発表されたのは、省人民委員会副委員長はレボインターナショナルが現段階の気候変動状況に合致したジャトロファ生産への投資協力においてサポートするとのこと。主張面では、ジャトロファは政府や農業・農村開発省によって荒廃した山間部や耕作不適格地を植樹緑化されるとのこと。
ジャトロファ製品生産が開始された際、レボ社側では、成果の低いサトウキビや小麦を植えている土地と競争するために高収率の品種研究を行う必要がある。
先ず、レボインターナショナルは各種法律手続きをスムーズに行うためにもニントゥアンで駐在事務所を設立する必要があるだろう。
初めの段階では、省は50~100haをレボインターナショナルに渡し、ジャトロファ栽培に参画する農家と農産物購入投資政策について協議した上で最も優性な品種の研究開発を模索していく。」

1

7

10月6日 「RAREVO社」設立に関する定款を締結いたしました。

10月6日 ベトナム ハノイにある「RATRACO社」本社にて、合弁会社「RAREVO社」設立に関する定款を締結いたしました。
この「RAREVO社」は、ベトナム国内で「CF-5(B5)」を流通させることを目的としております。

151006-1

151006-2

151006-3 左:RATRACO社 グエン トゥアン ヴィン会長  /  右:越川社長

9月9日 インドネシアBatu市市長 Mr.Suhari Paneが工場見学で来社  

9月9日 インドネシアBatu市市長 Mr.Suhari Paneが工場見学で来社されました

豊富に有るパームオイルの有効利用による環境改善の為バイオディーゼル事業を構想しておられ、当社工場をご見学され当社代表の越川とプラント建設を念頭に意見交換を行いました。

■IMGP0371

中央:帽子が素敵なBatu市市長とプレゼントのショールをかけた当社代表

■IMGP0363

次回までにBatu市市長の意向を整理して再会を約束

 

 

 

 

 

 

 

 

4月20日 「RATRACO社」と合弁契約書を締結いたしました。

4月20日、ベトナム ハノイにある「RATRACO社」本社にて、合弁会社「RAREVO社」設立に関する合弁契約書を締結いたしました。
この「RAREVO社」は、ベトナム国内で「CF-5(B5)」を流通させることを目的としております。

 

右側:RATRACO社 CEO Mr.TRAN THE HUNG  左側:当社代表 越川社長

右側:RATRACO社 CEO Mr.TRAN THE HUNG 
左側:当社代表 越川社長

 

20150420-120150420-2

4月2日 ベトナム国営鉄道会社「Vietnam Railways」100%出資会社「RATRACO社」が、 当社との合弁会社設立に向け、来日されました。

4月2日(木)、ベトナム国営鉄道会社「Vietnam Railways」100%出資会社「RATRACO社」が、当社「CF-5」を導入し、ベトナム国内向けに流通させる事を目的とした合弁会社設立に向け、来日されました。
合弁会社設立契約の締結に向け、有意義な話し合いを行いました。

20150402-1

20150402-2

20150402-3

4月7日(月)ベトナム鉄道会社主催「C-FUELテスト走行実施総括評議会」に当社代表が出席致しました。

4月7日(月)、ベトナムハノイ ベトナム鉄道会社にて、ベトナム交通運輸省環境局、
ベトナム鉄道化学技術部、イェンヴィエン車輌会社、ハノイ車輌会社、その他車輌関連会社、当社からは代表取締役の越川が参列し、テスト走行実施総括評議会が開催されました。

このテスト走行はベトナム交通運輸省によるエネルギー使用量削減と
その効果を狙いとした国家目標プログラム「数種の鉄道車輌へのバイオディーゼル燃料試験運用」
プロジェクトの一環です。

20140407_01

総括評議会の様子:ベトナム鉄道会社にて

20140407_02.

20140407_03

当社燃料で走行する機関車

ベトナム鉄道会社公式HP 4/17付のニュース記事

上記リンクの和訳は、こちら↓
<鉄道車両へのバイオディーゼル燃料使用テスト:テスト継続実施が必要>

株式会社レボインターナショナルのバイオディーゼル燃料の使用テストを引き続き実
施すべきという意見が、先般ハノイ・ベトナム鉄道本社で行なわれた本プロジェクト
実施総括評議会に参加した各専門家により取り纏められた。

-「バイオディーゼル燃料は環境にやさしい燃料」
ベトナム政府決議書No.53に従い、エネルギー使用量とCO2排出量削減のため、レボイ
ンターナショナルの協力を得、バイオディーゼル燃料使用テストを実施した。
ベトナム鉄道は年間約5,000万リットル以上の軽油を使用しており、今後はバイオ
ディーゼル燃料を軽油と混合したB5やB10での運用により排気ガスを減らしていく。

-「バイオディーゼル燃料が車両内部機関にどう影響するのかを評価するため引き続
きテストを行う必要がある」

-「コスト削減のため、このクリーンエネルギーが広く使われるような投資を呼び掛
ける」現在、バイオディーゼル燃料の価格は軽油の価格よりも高いため、コスト調整が必
要。

ベトナム鉄道とのテスト走行開始式典(10月17日ベトナムにて開催)の様子が11月2日(土)ベトナムハノイテレビ1CHで放映されました。

>> 詳しくはこちら