京都、大阪、名古屋、東京など全国から廃油回収 バイオディーゼル燃料にリサイクル レボインターナショナル

株式会社レボインターナショナル

啓発・イベント 一覧

宇治田原町立宇治田原小学校・田原町立田原小学校で環境学習を行いました

京都府綴喜郡・宇治田原町立宇治田原小学校および田原町立田原小学校にて、5年生を対象に環境学習授業を行いました。

宇治田原小学校 11月4日(水) 10:40~12:15
田原小学校    11月6日(金) 13:50~15:30
<授業内容>
バイオディーゼル燃料(当社製品名「C-FUEL(シーフューエル)※1」)で走行するカートの試乗
使用済み天ぷら油の回収・リサイクルとバイオディーゼル燃料について
「レボインターナショナル京都工場」(京都府綴喜郡宇治田原町・日量30000リットル製造)の紹介

地域の身近な資源循環の取り組みを学習することによって環境問題について考える機会を児童に提供する目的で行われました。
レボインターナショナルはこれまでに京都府・大阪府の小学校および高等学校で環境学習授業を行っています。
身近にある「使用済み天ぷら油」の回収・リサイクルとバイオディーゼル燃料についての学習を通じて、児童および地域の方々に、環境問題により深い関心を持っていただければと考えており、今後は京都・大阪以外での環境学習の取り組みにも積極的に協力していく予定です。

同志社大学学園祭にBDF200リットルを無償供給

10月31日(土)・11月1日(日)同志社大学京田辺キャンパス(京都府京田辺市)

同志社大学京田辺祭の屋外ステージのディーゼル発電機用燃料として、バイオディーゼル燃料(製品名「C-FUEL(シーフューエル)」)の供給を行いました。
同志社大学の学生が学内や市民・近隣の飲食店から回収した使用済み天ぷら油約200リットルを「レボインターナショナル京都工場」(京都府綴喜郡宇治田原町・日量30000リットル製造)にて「C-FUEL」にリサイクルしたもので、昨年までは軽油を使用していた屋外ステージの音響機器や照明の発電に使用することで、参加する学生、地域住民の方などに環境問題を広くPRすることを目的としています。

地域の使用済み天ぷら油をBDFにリサイクルし阪急バスへ供給

10月24日(土)13:00~15:30「大阪府立西淀川高校 第4回環境教育フェスタ」

地域の人々との交流を通じて環境保全活動を推進するイベント「西淀川高校 第4回環境教育フェスタ」にて西淀川高校より阪急バスへ寄贈される地域で回収した使用済み天ぷら油約500リットルを、「レボインターナショナル京都工場」(京都府綴喜郡宇治田原町・日量30000リットル製造)にてバイオディーゼル燃料(製品名「C-FUEL(シーフューエル)」)にリサイクル、阪急バスの路線バス1台に軽油を混合せず100%で供給しました。(阪急バスへは2008年12月よりC-FUELの供給を開始しています)

 また、このイベントで、使用済み天ぷら油の回収・リサイクルとバイオディーゼル燃料の最新の動向に関する出張授業を行いました。

「自然公園ふれあい全国大会」シャトルバスにBDF供給

開催期間:9月12日(土)・13日(日)
主催:京都府
会場:京都府北部・丹後天橋立大江山国定公園、若狭湾国定公園

地域の環境保全と人々が自然と共生する社会づくりを推進するイベント「自然公園ふれあい全国大会」の来賓・来客送迎用シャトルバス5台と宮津市のエコツアーバス1台へ、バイオディーゼル燃料(製品名「C-FUEL(シーフューエル)」)を供給しました。 

<シャトルバス運行区間>
天橋立宮津ロイヤルホテル・北近畿タンゴ鉄道宮津駅~式典会場(宮津市島崎公園内「みやづ歴史の館」)

<運行日・時間帯>
9月12日(土)10:00~14:00

原料となる使用済み天ぷら油は、CO2排出削減および地域循環型社会を推進するNPO法人「丹後の自然を守る会」が中心となって京都府北部のボランティア団体と市民ネットワークが集めたもので、小型燃料化プラント「C-F.DREAM(シーエフドリーム)07」(与謝郡与謝野町・日量395リットル製造)にてバイオディーゼル燃料へリサイクル、軽油を混合せず100%で供給しました。

 京都府北部地域(舞鶴市・福知山市・宮津市・京丹後市・与謝野町・伊根町)において、地域の使用済み天ぷら油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、公用車(ゴミ収集・運搬車、コミュニティバス、移動図書館車、給食配送トラック等)、農業用トラクター、地元企業、福祉施設等に供給しています。今回のイベントへの供給を通じて、京都府北部の地域循環型社会の推進にさらに貢献できればと考えています。

「自然公園ふれあい全国大会」公式サイトhttp://www.fureai-taikai21.com/

「新エネルギー委員会」:京都市の地域連携BDF化事業を解説

9月10日(木)
主催:財団法人協和協会・時代を刷新する会
会場:参議院議員会館第4会議室

 レボインターナショナル代表・越川 哲也は、日本のエネルギー事情に関する有識者会議「新エネルギー委員会」にて、京都市の地域連携バイオディーゼル燃料化事業の状況について解説を行いました。

「京都市の地域連携バイオディーゼルフューエル化事業の解説」概要
1  バイオディーゼル燃料の使用における法的問題解決への働きかけ
2  廃食用油回収システムの構築(原料確保の重要性)
3  自動車用燃料としての安全性における燃料品質及び品質規格策定の重要性
4  バイオディーゼル燃料と廃食用油の成分分析項目及び方法の確立
5  レボインターナショナルが策定に協力した品質規格「京都スタンダード」とB100の安全性の証明
6  エンジン及び各部品に負荷をかけない燃料品質を実現する燃料化技術の開発
7  石油販売会社との協調
8  各自動車メーカーとの折衝
9  進化するエンジンシステムに対応する燃料化技術の開発
10 バイオ燃料に対する税制面での優遇措置の要望
11 廃食用油回収拠点の拡大・増加及び効率の見直し
12 次世代の原料植物の研究・栽培

 京都市では1997年から現在までの約12年間、ゴミ収集車・市バス(計約300台)に、市民から回収した使用済み天ぷら油をリサイクルしたバイオディーゼル燃料を使用しており、年間約4,000トンのCO2を削減しています。レボインターナショナルは1997年当初より京都市民からの使用済み天ぷら油回収を行っており、1999年からは京都市の回収業務委託を受けています。また、京都市のバイオディーゼル燃料はレボインターナショナルの独自技術(燃料化特許申請11件)によって製造されています。

 当日は京都市のバイオディーゼル燃料使用状況への質疑応答、東京都のバイオディーゼル燃料使用におけるトラブルや原料確保の課題に対して京都市の成功事例の報告なども行われました。今後もこのような意見交換の場に積極的に参加し、CO2排出削減と資源循環型社会の構築に向けて、日本国内でのバイオディーゼル燃料普及に関する課題の解決に努める方針です。

「びっくり!エコ100選2009」:使用済み天ぷら油回収・リサイクルとBDFを紹介

開催期間:8月13日(木)~18日(火)
会場:高島屋京都店7階

 京都大学発の環境イベント「びっくり!エコ100選2009」に使用済み天ぷら油回収・リサイクルとバイオディーゼル燃料を紹介するブースを出展しました。

 「びっくり!エコ100選」はお子様連れのご家族客を主な対象として様々なエコ商品・サービス・活動を紹介するもので、2007年の京都大学の使用済み天ぷら油回収開始をきっかけに、広く一般に使用済み天ぷら油の回収・リサイクルとバイオディーゼル燃料について知っていただく機会の提供を目的として参加、3回目の参加となる今年はバイオディーゼル燃料のサンプルや使用済み天ぷら油回収・リサイクルの解説パネルなどを展示しました。

「びっくり!エコ100選2009」公式サイトhttp://www.eco100.jp

京都市立陵ヶ岡小学校で環境学習を行いました

5月18日(月)、京都市立陵ヶ岡小学校でC-FUEL(バイオディーゼル燃料)で走行するカートなどを使用した環境学習を行いました。

090521_1

090521_4

2009年4月4・5日 第9回鴨川さくらまつり

「菜の花『夢』プロジェクト」鴨川さくらまつりに参加しました

市民の皆様に里親になって育てていただいた菜の花を鴨川さくらまつりに出展しました

鴨川さくらまつり公式サイト http://www.sakura-matsuri.com/

080405_1
080405_2

京都市立音羽川小学校にて環境学習授業を行いました

当社の社員による、環境学習授業とバイオディーゼル燃料で走るレーシングカートを使った体験学習を行いました。

090204_5

090204_4

2008年4月5日 第8回鴨川さくらまつり

『菜の花「夢」プロジェクト』で栽培していただいた菜の花を展示しました

『菜の花「夢」プロジェクト』で栽培していただいた菜の花を「第8回鴨川さくらまつり(鴨川河川敷三条~四条間)」にて展示し市民の皆様にご鑑賞いただきました

※『菜の花「夢」プロジェクト』とは…
市民の皆様に「菜の花の里親」として菜の花を栽培していただき、「菜の花を育て種子から油がとれる→家庭で油を調理する→家庭から出る使用済み食用油を市民引取へ→バイオディーゼル燃料にリサイクル」というモデルによって、京都市の行う使用済み食用油引取・リサイクル事業を市民の皆様にPRする活動です。

080405_1

080405_5

080405_2
『菜の花「夢」プロジェクト』
主催:京都市ごみ減量推進会議
企画・運営:特定非営利法人 資源循環型社会推進機構RCS
協力:株式会社レボインターナショナル