京都、大阪、名古屋、東京など全国から廃油回収 バイオディーゼル燃料にリサイクル レボインターナショナル

株式会社レボインターナショナル

その他 一覧

レボ米 ~ついに収穫②~

いよいよ待ちに待った稲刈りの日がやって参りました!
社員研修を兼ねて、10月中旬に社員11名で出動してきました!

天気は晴天!コンバインも順調に動き出し、スタートしました♪

今年の大型台風の影響で、一部稲が倒れてしまっている部分は一株ずつ手刈りしていきます。

3分の1ほどが終わり、一旦休憩を挟んで再開しようとしたところ、、、
なんと、さっきまで順調に動いていたコンバインが動きません。。

整備のプロを呼び、内部を確認してもらったところ、
コンバインの部品に、過去の産物がぎっしりと詰まっていることがわかりました。

これさえ取り除けば、直るかもしれない・・・!
ぎっしりと詰まって石のようになっているそれを皆で必死に取り除き、陽が落ち始めた頃に、ようやく元通り動き出しました。

やった~!!!と、喜ぶのもつかの間、急いで作業再開です!
車のヘッドライトで照らしながら、急ピッチでコンバインを動かしますが、やはり全て刈ることはできませんでした…。

①コンバインの操作を教わる業務部T氏

②台風で倒れた稲も全て手刈りで収穫です。

③3分の1収穫完了!ここまでは順調だったんです。。

④コンバインと格闘する弊社社員とお世話になった方々。

⑤部品の中から、こんな塊がたくさんでてきました。

⑥真っ暗な中、車のヘッドライトを集めます。

⑦翌々日の月曜日、業務の合間をぬって最後の収穫に行ってきてもらいました。
色々な障害があり、長かった収穫期間もやっと終了です♪

レボ米 ~収穫①~

なかなか天気に恵まれず稲刈りに行けない為、来年の種籾として使用する分の稲のみを収穫しに行ってきました。

畦道の草刈りから始まり、手刈りした稲を紐で縛り、天日干しの準備をします。
麦わら帽子や巻きタオルで、手際よく作業する姿は、まるで農家の人の様でした。

残った稲は翌週に、コンバインで収穫です♪
こちらも田植えの時と同様、社員研修の一環として行ってきます。
その様子は、次の記事でお伝えいたします!

①

②

③

④

9月15日、離宮八幡宮の秋の例大祭「放生会」へ行って参りました。

9月15日(土)、離宮八幡宮の秋の例大祭「放生会」へ参拝させていただきました。
秋季例祭「放生会」は、万物の生成化育を願って、往古より執り行われております。

IMG_0128

IMG_0129

レボ米 ~奮闘~

9月4日、近畿地方に大型台風21号が直撃し、稲の様子が心配で見に行って参りました。

端の方は強風に耐えられなかった様で、なぎ倒されてしまっていましたが
中央の辺りは倒れることもなく、まっすぐ伸びていました。
稲って本当に強いですね♪

今週末にはまた、大型台風が通過すると言われています。
さらに重くなった稲穂が、重みと台風で今度こそ倒されないよう祈ってます!
IMG_2235

IMG_2240

IMG_2237

 

 

 

レボ米 ~成長記録~

大変遅くなりましたが、8月に様子を見に行った際のレボ米の様子をお伝えします!

まずは、8月9日の様子から。
キヌヒカリと山田錦の成長の差が、更にはっきりわかる様になりました。
山田錦がんばれ!!

DSC_2708

DSC_2697

 
そして、8月22日。
キヌヒカリは、更に成長し、太陽の光を浴びて輝き、とても綺麗でした。
稲穂は先の方が重みで垂れ下がり、お米がぎっしりと詰まっていそうです!!

DSC_2723

 

山田錦も、負けじと稲穂を実らせてきました!
今後の成長に期待です♪

DSC_2731

レボ米 ~田んぼの様子を見に行ってきました~

6月に植えた稲の様子を見に、田んぼへ行ってきました。

田んぼを覗くと、メダカやおたまじゃくし、カブトエビやタニシなど、たくさんの生き物が見られました。
生き物たちも、無農薬の田んぼを覚えて毎年やってくるのでしょうか♪

7月の頭にはまだ細かった稲ですが、台風にも耐え、7月の末にはぎっしりと大きな株に成長していました。

稲穂はまだ顔を出したばかりですが、これから丸々と成長してくれるのが楽しみです。

DSC_2657

写真中央にカブトエビが2匹います。

 

DSC_2674

その他にも、たくさんの生き物たちが・・♪

 

DSC_2665

7月の始めの稲です。しっかり根を張り、まっすぐに伸びています。

 

DSC_2686

向って右側が食用のキヌヒカリ、左側が酒米の山田錦。キヌヒカリの方が少し成長が早い様です。

6月、社内行事を行いました。

6月某日、社内行事 手植え体験&バーベキューを開催いたしました。
田んぼの周りの草刈りから始まり、田植機では植えられなかった端の方を一列に並んで手植えしていきました。
今回は社員研修の一環ということで、入社期間の浅い社員が中心に参加していたため、手植え初体験の者も多く、普段はなかなかできない体験を楽しむ姿が見られました。
手植え体験の後は、バーベキューをし昨年収穫したレボ米で握ったおにぎりも大好評♪
すぐに無くなり楽しい1日となりました。
IMGP0235

IMGP0240

IMGP0248

20180609_121339_205

レボ米 ~田植え編~

レボ米~田植え編~

小さな種籾から本社の屋上でフサフサの苗になるまで育てたレボ米。
先日、京都府南丹市にて田植えを行いました!

今年は二週に分け、一週目に全体を機械植えし、翌週に社員研修の一環として一部を手植え体験という日程で行うことになりました。

まずは一週目の様子をお伝えします。
6月初旬、雲ひとつない晴天で絶好の田植え日和でした。

まず、初っ端から田植機のエンジンがかからず、このままでは一反分が手植えになるかと心配しましたが、無事に稼働させることができ、田植えがスタート!
びっしりと根がはった苗を苗床から外し、田植機にセットし、食米のキヌヒカリと酒米の山田錦を植えていきます。

田植機が稼働したおかげで、一反分順調に終えることができました。文明の利器に感謝です!

翌日、きちんと苗が着床していた様で、一安心。

二週目の手植えの様子は次回でお伝えします。

IMGP0155

IMGP0160

IMGP0184

IMGP0195

レボ米 ~田植えの日程が決まりました~

以前からお伝えしている、レボ米の成長記録。
本社の屋上で、すくすく成長中です♪

発芽から10日後には保温シートを取り外し、鳥除けのネットを張りました。
最後の写真2枚はそれから約20日後、少し分かりにくいですが高さも葉も成長し続けており、苗床いっぱいにワサワサと密集しています。

そして、いよいよ田んぼへ植える日が決定しました!
6月の初めに、南丹市の田んぼへ運び、田植えを行います。

可愛がって育てた子供が、18歳で独り立ちしていく時の親心の様な、何とも言えない気分です。。

1

2

3

4

レボ米 ~育苗記録 “発芽” ~

レボ米 ~育苗記録~
本日は“発芽”編です!

先日お伝えしました、“播種”の数日後、保温シートの中を覗くと小さな緑色の芽が出ていました。

朝露でキラキラしている様子がとても綺麗で、数日前まで種籾だった命が、自分達の手で芽を出したと思うと、感動的です。

お百姓さんの気持ちが少しだけ分かったような気がした瞬間でした。

0409発芽②

0409発芽⑤

0409発芽①