2019年5月10日、同志社大学 噴霧・燃焼工学研究室に、廃食用油を原料として弊社ベンチ設備にて製造したバイオ軽油を自動車エンジンの噴霧燃焼特性等の試験用として提供いたしました。
このバイオ軽油はバイオマス由来の次世代燃料であり、弊社独自の技術により、製造しました。
同研究室では以前より第一世代BDFである『C-FUEL』も同様の試験を実施いただいてまいりましたが、この度次世代のバイオ軽油も試験実施いただけることになりました。

DSC_0688

図1