レボ米~田植え編~

小さな種籾から本社の屋上でフサフサの苗になるまで育てたレボ米。
先日、京都府南丹市にて田植えを行いました!

今年は二週に分け、一週目に全体を機械植えし、翌週に社員研修の一環として一部を手植え体験という日程で行うことになりました。

まずは一週目の様子をお伝えします。
6月初旬、雲ひとつない晴天で絶好の田植え日和でした。

まず、初っ端から田植機のエンジンがかからず、このままでは一反分が手植えになるかと心配しましたが、無事に稼働させることができ、田植えがスタート!
びっしりと根がはった苗を苗床から外し、田植機にセットし、食米のキヌヒカリと酒米の山田錦を植えていきます。

田植機が稼働したおかげで、一反分順調に終えることができました。文明の利器に感謝です!

翌日、きちんと苗が着床していた様で、一安心。

二週目の手植えの様子は次回でお伝えします。

IMGP0155

IMGP0160

IMGP0184

IMGP0195