4月7日(土)、乙訓郡大山崎町の離宮八幡宮にて行われた日使頭祭へ、参拝に行って参りました。

離宮八幡宮は、当時植物油の主流であった荏胡麻(えごま)油の搾油を日本で初めて行ったとして、製油発祥の地とされています。

日本で唯一の油の神様ということで、春と秋に行われる例祭には毎年、油脂の業界関係者や地元の方々がたくさん参拝に来られています。離宮八幡宮 総門

製油発祥地

4枚合成