6月11日(火)、京都市立陵ヶ岡小学校(山科区)で、4年生57児童を対象に、京都市ごみ減量推進会議、山科エコまちステーションと合同で環境学習授業を行いました。

陵ヶ岡小学校での環境学習授業は2008年から毎年行っており、今年で6回目になります。
これまでの環境学習授業についてはこちらをごらんください。

使用済み食用油のバイオディーゼル燃料化リサイクルについての授業や、バイオディーゼル燃料「C-FUEL」で走るカート試乗体験などを通して、資源のリサイクルやエネルギーの有効利用について楽しく学ぶ機会を持ってもらいました。

陵ヶ岡小学校のブログでもこの授業を紹介していただいています。
http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=109604

バイオディーゼル燃料C-FUELで走行するカートを体験してもらいました

バイオディーゼル燃料C-FUELで走行するカートを体験してもらいました

カートにみんな興味津々の様子です

カートにみんな興味津々の様子です

使用済み食用油のバイオディーゼル燃料化リサイクルについての授業を行いました

使用済み食用油のバイオディーゼル燃料化リサイクルについての授業を行いました