人と環境にやさしいまちづくりをテーマにしたイベント「2012サイクル&エコカーニバルin池田」に参加しました。

日時:11月4日(日)10:00~15:00
会場:宣真高校(池田市荘園2) グラウンド・体育館

当社がバイオディーゼル燃料「C-FUEL」を供給している阪急バスの「バイオディーゼルバス」や、「ベロタクシー」に試乗できるコーナーのほか、池田市に関係するエコ関連企業のブースが出展され、当社ブースではバイオディーゼル燃料の普及啓発を行いました。

当日はスタンプラリーが行われ、当社ブース出題のラリークイズでは、「バイオディーゼル燃料は何から作られているのでしょう?」いうクイズを出題しました。(答えは「使い終わった天ぷら油」です!)
また、池田市の小学校などで回収している使用済み食用油がどのように使われているかをお話ししました。
当社のお隣のブースの綿あめを作る機械の発電機や阪急バスに、使用済み食用油から作られたバイオディーゼル燃料「C-FUEL」が使われていると説明すると、皆さん感心されていました。

小学生のご来場が多く、「小学校で使用済み食用油を集めていることは知っていたけど、何に使われているのかは知らない」という声をたくさん聞きました。
このイベントで、バイオディーゼル燃料のことをもっとよく知っていただけたならうれしいです!
また、「おうちの使用済み食用油は固めたり、紙に吸わせたりして捨てずに、回収日に小学校へ持ってきてください」と皆さんにお願いしました。
ぜひご協力をお願い致します!

当日は約2000人のご来場があり、お子様から大人の方まで、エコ体験を楽しまれていました。
当社はこれからも、身近な「エコ」を実践し、体感できるまちづくりを目指す池田市の取組みのお手伝いをさせていただきます!

当社ブースの様子

バイオディーゼル燃料C-FUELで綿あめを作る機械を動かしています!

当社ブースのスタンプラリークイズです

池田市の皆さまからお預かりした使用済み食用油で発電しています

池田市では定期的に使用済み食用油の回収を行っています

池田市のイメージキャラクター「ふくまるくん&ふくまるちゃん」のステージ