2012年2月9日、C-FUELはオランダ政府から高いCO2排出削減効果を認められ「ダッチダブルカウント」の認定を受けました。

EUでは廃棄油から製造されたバイオ燃料はバージン油から製造した場合と比べてCO2排出削減の効果が一段と高い 「二重に優れた(ダブルカウント)」バイオ燃料として評価されます(下の削減率表参照)
オランダのArgosへ輸出しているC-FUELを公的第三者検査機関「Control Union Certifications」が検査し、「廃棄物(使用済み食用油)から製造され、かつ厳格なEU品質規格をクリアしたバイオ燃料」としてオランダ政府からダッチダブルカウントの認定を受けました。

DDC認証書

バイオディーゼル燃料の温室効果ガス削減率(既定値)バージン油から製造した場合との比較

植物性廃油又は動物性廃油由来バイオディーゼル 83%
ナタネ由来バイオディーゼル 38%
ヒマワリ由来バイオディーゼル 51%
大豆由来バイオディーゼル 31%
パーム由来バイオディーゼル(プロセスの指定なし) 19%
パーム由来バイオディーゼル(採油時にメタン回収有り) 56%

出典:EU におけるバイオ燃料に関する政策動向(NEDO)(2011年)