2月18日(土)大阪市立環境学習センター
「汚れた天ぷら油×禁×捨てるの待った⇒燃料化して車を走らせよう◎運転してみよう!」

使用済み天ぷら油のバイオディーゼル燃料化リサイクルについて学ぶ授業を行いました。
スライドを使った授業のほか、バイオディーゼル燃料C-FUELで走行するカートで「天ぷら油から作られた燃料」を実感してもらいました。
ご参加の皆さま、大阪市立環境学習センターの皆さまに改めて御礼申し上げます。この授業をきっかけに、使用済み天ぷら油のリサイクルとバイオディーゼル燃料により関心を持っていただけたなら幸いです。

ご参加の皆さまの感想(抜粋)

(大人の参加者様)

・京都市とレボさんの取組がよく分かりました。こういった活動・事業が商業ベースで広がっていくと良いと思いました。

・においが少し気になったが、普通の車ではにおわないそうなので、大阪や世界でも実現すれば良いなぁと思いました。

・障がい者の就労支援でバイオディーゼル等の燃料が使えないかと思ったから参加しました。大変分かりやすかったです。今後も是非続けて下さい。

・天ぷら油の再利用のしくみがよく分かった。カートは楽しかったけど、待ち時間が長かった。

・大阪市内でも市民回収していればいいのにって思いました。少しでも循環社会に貢献できるのに。

(お子様)

・はじめて車に乗って、楽しかった。また乗ってみたい。

・さいしょはこわかったけど、たのしかった。

・すごく音はうるさかったけど、すごくたのしかった。

・とてもいい勉強になったし、楽しかったです。

・ごみでも、あんなにねんぴがいいのでびっくりした。はじめて車にのれてよかった。楽しかった。

・車に乗れるから参加した。とてもおもしろかった。いろんなはなしが聞けた。

・結構勉強になったし、車にも乗れて楽しかった。

・てんぷらの油の車にのってみたかったから参加しました。すごくたのしかったです。

大阪市立環境学習センター http://www.chikyukan.com/