「被災地で少しでも役に立ちたい」

3月22日(火)、被災地(福島県いわき市)支援に向かわれる片山右京さんに、バイオディーゼル燃料C-FUEL(一斗缶20個)を託しました。

被災地では今も燃料の入手が困難な状況が続いているとのことです。

C-FUELが右京さんの「被災地で少しでも役に立ちたい」という熱い思いに応え、被災地支援の力になれることを願っています。

チーム右京オフィシャルブログ http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com/

一斗缶20缶のC-FUELです