2月26日(土)『神戸コレクション2011 SPRING/SUMMER(神戸公演)』
ステージ照明等の発電用に、バイオディーゼル燃料C-FUEL1,530リットルを供給しました。

神戸コレクションでは2010年より、『外見だけでなく「内面」も美しくあろう』というメッセージを込めて環境に配慮したさまざまな活動を行われており、C-FUEL供給は2010年2月、8月に続き、今回で3回目となります。

バイオディーゼル燃料を軽油の代わりに使用すると、温暖化の原因となるCO2の排出量がゼロカウントとなります(※)。
また、使用済み天ぷら油を捨てずにリサイクルすることで、食品廃棄物を減らすことができます。

※バイオディーゼル燃料は植物由来であるため、「植物の生長過程で吸収する二酸化炭素=燃焼時に発生する二酸化炭素」とされ、排出量がゼロカウントとなります。(カーボンニュートラルの考え方)

神戸コレクション公式サイト
http://kobe-collection.com/