環境にやさしい取組を実践する「DO YOU KYOTO?」プロジェクトの一環として行われた、
京都サンガの呼びかけによる使用済み天ぷら油回収活動のご報告を致します。

京都サンガホームゲーム全20試合(開幕戦3月14日~最終戦12月4日・西京極スタジアム)で
ご来場の皆さまから合計約280リットルの使用済み天ぷら油が集まりました!

京都サンガの呼びかけに応え、重くて荷物になる使用済み天ぷら油を
スタジアムまでご持参くださったサポーターの皆さまに、改めて御礼申し上げます。

毎回、当社の担当が回収にお伺いしていましたが、
「DO YOU KYOTO?」プロジェクトに熱心に取り組まれている京都サンガと、
京都サンガを支えるサポーターの皆さまの想いを強く感じました。
当社はこれからも、この取り組みを通じて、そんな熱い京都サンガを応援していきたいと思っています。


現在、京都サンガのユースバスは
B5(バイオディーゼル燃料5%混合軽油)
を使用して走行しています。

単純に計算すると、280リットルの使用済み天ぷら油から
280リットルのバイオディーゼル燃料ができて、
280リットルのバイオディーゼル燃料から5600リットルのB5ができます。
ユースバスには現在、毎月300~350リットルほどのB5を供給しています。

B5で走行するユースバス

B5で走行するユースバス

B5を使用すると、軽油の場合と比べて、CO2排出量を5%削減できます。

B5は、軽油とまったく同じように扱えるので、
今までのバスやトラックやディーゼル乗用車等にそのまま使えます。

いいことづくめのB5ですが、一般への普及も認知もほとんど進んでいないのが現状です。

この取り組みが、京都サンガを応援されている皆さまに
使用済み天ぷら油のリサイクルやバイオディーゼル燃料、B5について、
より関心を持っていただけるきっかけになれば幸いです。

ありがとうございました!来シーズンもよろしくお願い致します!