11月9日(火)、宇治田原町立田原小学校の5年生(2クラス44名)を対象に環境学習授業を行いました。

主な授業内容

1.3R(リサイクル・リユース・リデュース)についてのビデオ鑑賞

2.バイオディーゼル燃料とは?バイオディーゼル燃料C-FUELの製造方法

3.バイオディーゼル燃料で走るカート試乗体験

C-FUEL(バイオディーゼル燃料)の製造方法の授業では、
原料(使用済み天ぷら油)の色と、出来上がったC-FUELの色を見比べ、
「こんなにきれいな色に変わるんだ」と、とても驚かれました。

原料とC-FUELのサンプル

カート試乗体験は、以前から楽しみにしていたとのことで生徒さんにも先生にも大人気でした。
天ぷら油から作った燃料で走っていることが、「授業をきいてわかっていても、不思議な感じがする」とのこと。

他学年の児童からも、早く5年生になって、この学習に参加したいという声が上がっていました。
授業に参加した生徒さんからは、好奇心いっぱいの、たくさんの反応や感想があり、
この授業が環境について感じたり考えたりするきっかけになったように思います。

授業にご協力くださった田原小学校教職員の皆様、有難うございました。
次の機会でも宜しくお願い致します。